プロフィール

石井 一彰

Author:石井 一彰
[ 生年月日 ] 1984年2月29日
[ 血液型 ]  A型
[ サイズ ] 
身長/178cm B/88cm W/74cm H/92cm 足/27.5cm
[ 得意なスポーツ ]
バスケット、ラグビー、フィールドフォッケー、水泳
[ 趣味 ]  身体を動かすこと
[ 所属 ]  東宝芸能株式会社


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月20日 (金)

8月20日①
8月20日②


宝塚BOYSも折り返し地点を迎えました
1回1回大事にやっていきたい

だからってわけじゃないけど、行ってきました

終戦65年、、俺がおじいちゃんになったらもう本当に昔の話になっちゃうな
だからこそ、伝えなくちゃいけないものってたくさんあるな。

戦後懸命に生きた等身大の男たちを演じることの深さを再認識して、これから千秋楽までやってきます。


KAUAKI
スポンサーサイト

コメント

靖国ですね。
ちょうど8月15日に宝塚BOYSを観劇しました。
あの時代を生き抜いた人たちがいるから今がある。
今の環境に感謝しつつ、自分も懸命に生きていきたいです。
そんなことを感じさせてくれる舞台でした。
千秋楽までがんばってください。

この舞台を見て

宝塚BOYSの舞台を見させて頂いて
あの時代のことを考える機会が最近増えました。
舞台の上の石井さんの姿は真摯に生きた竹田くんそのままなのだと思いました。
良い作品ですね。
また観に行きます。頑張ってくださいね。

☆お疲れ様です☆

今の時代は本当に幸せですよね。
贅沢過ぎる程色んな物があり、平和です。


舞台を観させて頂き、戦後、'歌劇団の道'への夢に向かって生きた方が素敵に思いました。


千秋楽まで怪我などには気をつけてガンバって下さい。

ほんとに色々な事を考えさせられる舞台です
実際戦争の時やその直後に生きていなかった私には想像しきれない事ばかりでも懸命に生きようと思い、生きる姿はきっといつの時代にも必要な事。
自分の意思で強く生きる事の出来る人になりたい、そう思います
千秋楽まで精一杯竹田幹夫さんとして生き抜いてください

この夏は戦争について考えさせられる機会が幾度かあり(宝塚ボーイズ観劇でも思いがけず…)、感慨深い夏になりました。

戦争で犠牲になった方々のことを心に留めながら、今の平和に感謝したいと思います。

石井くん、ずっとずっと伝えていってくださいね、色々な方のメッセージを…

コメントの投稿



※現在、「非公開」コメントは受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバック

http://ishikazu.blog122.fc2.com/tb.php/246-220bb50f

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。